生きている人のジャズ

亡くなったミュージシャンの演奏ばかり聴くことが多かったけれども、生きている人のジャズ、しかも新譜を買うことが多い一年であった。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック