どうせ知っていることさ、という不確定な確信

ちょっと、あれを見ておいてごらん、と言われて、どうせ既知のことだから、と放置してしまうことがありがちだが、それは、危険。

既知に違いないと思っても、確認してみたら、知らなかったことに遭遇することがある。

見逃して悔しい思いをするくらいなら、再確認して大丈夫と思う方がよほどいい。

とあることから、そう思った。人の振り見て我が振り直せ、だな。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック