排除

あと一月あるけれど、今年は、身辺、世間を問わず、「排除」ということに明け暮れた一年だったような気がする。
「排除」は、どことなくいやな語感はあるけれど、不要なものをより分けてすっきりさせるという効能もある。その点で、功罪、,両面があることばだ。
でも、除けるだけだから、根本のところには踏み込んでいないことを忘れてはならない。
面倒なもの、面倒なこと、それぞれが「面倒」であることの本質は、何なのか。
ここを考え続けることが肝心なはずだ。
0

考える人の礎

生きていく上では、さまざまな場面で適切な判断を下すことが求められることはいうまでもない。
そのためには、どうしても基準になる知識が必要だ。
それを身につけた上で、冷静に思考、判断できるのがリベラルだと、私は理解している。
したがって、一時的な心情あるいは感情、一方的な志向のもとで、思想や行動を押しつけることは、どのような立場であってもリベラルではないことになる。
このようなリベラルの基盤をなすのが教養である。
かつて、どこの大学でも行われていた教養教育は、それを身につけるためのものであったはずだ。それが現在は、ほとんどのところで消えてしまった。
膨大な情報が精粗を問わず溢れている今こそ、高等教育の中で教養教育が求められる。むろん、それを実施する大学人自身も本来の意味での教養を備えていることが必要だ。
教養は雑学ではない。考える人の礎である。
なお、乏しい人生経験ながら付け加えておくと、教養を身につけたリベラルな人は何も大学人に限るものではない。市井にもたくさんいて、そのような人々との出合いと交流を通して、自身の考え方や生き方が導かれてきたことが、これまでも多々あったとふりかえるものである。
0

ライナーノーツ

最近のCDのライナーノーツは、あまりに簡略すぎる。しかも、どうでもいいようなことしか書かれていない。
腕を組んで、首をかしげながら、でも、ふむふむと感じるようなライナーノーツが読みたい。
0

語り始める

戦下における自らの行為を語り始めた人が多いような気がする。
そこまでには七十二年の歳月が必要なのかもしれない。
長くつらい日々だったに違いない。
そして、墓石の下に持ち込むことの是非の判断の末の結論なのだろう。
語る勇気を真摯に受け止めたい。
0

晴れない!

「梅雨明け三日」とか「梅雨明け十日」とか言って、梅雨が明けるとしばらく晴れる日が続くと言われるけれども、今年はまるでだめ。去年は、きれいな快晴が続いたのになあ。
0

AIの先

ことばはシステムなのだから、その解析はAIの格好の対象にほかならない。
AIに勝つか負けるか議論したり、AIの不備をあげつらったりするのは、しょせん嗜好的な論に過ぎない。
自動解析してくれるなら、それはAIに任せ、その先でどんな面白いことができるか考える方が楽しいに決まってる。
0

監視の益するところは?

某国はネットの利用も監視されているらしいが、スマホに変えたらこちらだって誰かに監視されている雰囲気がかもしだされている。監視することに何か益するところってあるんだろうか?
0

老人ホームの広告ばかり

大先生から引っ越しの連絡があったので、転居先を調べていたら、介護施設の広告だらけになってしまった。
0

ギリフリー

義理から解放されたら、チョコレートもなくなった!
0

パイドゥシャーコヴァーでいいかも

年末年始にかけて、パイドゥシャーコヴァーはいやだ、パイドゥシャーコヴァーいやだと繰り返し言っていたらパイドゥシャーコヴァーに慣れてしまい、違和感がなくなってしまった。
0

パジュサコバが良かった

周期彗星45P、最近は雑誌もウェブでも「本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星」と呼んでいるようだ。昔からの天文ファンとしては、「本田・ムルコス・パジュサコバ彗星」に慣れ親しんでいるので、とっても違和感がある。しかも「パイドゥシャーコヴァー」は噛みそうだ。
それはともかく、夕方の空低く、7~8等くらい。歳末お楽しみ天体。
画像
0

山形出張のみやげ

山形に出張。ぜひとも手に入れたかった「板垣の豆」を購入。
画像

そう!超新星と新星と彗星の捜索と発見で世界的に有名な板垣さんの本業です。
高級豆店でしか、手に入らなかったらどうしようなどと心配していたら、ホテル横のマックスバリューで売っていました。
ちなみにお土産屋さんでは、見当たらなかったので、山形に行ったついでに買いたい場合は、スーパーで探すのが良さそうです。
0

ダークマターを食べてみた

さすがに宇宙の23%を構成しているだけのことはあって、夕食後に食べたら胸焼けがしました。美味しいのですが、デザートには向いていません。ダークマターで半日くらいはカバーできそうです。
画像

0

均時差

冬至近くになると、日が短くなるのは当たり前だけど、日没が早いのは12月上旬、日の出が遅いのは1月上旬で冬至からずれる。
これは「均時差」が効いていることを、昨日の市民研究員講習会ではじめて知った。
でも、この理屈はむずかしすぎて、子ども電話相談で尋ねられても、説明は困難だ。

ペルセ群

4時前に目が覚めたので外を見たら、月も沈んで晴れていた。半月以上、夜は曇りが続いていた。しばらく北東の空を眺めていたら、遅ればせながら、2個ペルセ群の流れ星を見ることが出来た。ラッキー!
0

ドラマでオーネットコールマン

日曜劇場『仰げば尊し』で、主人公の先生がオーネットコールマンのロンリーウーマンを演奏していた。これは、まさかの選曲!
0

まるで災害

10へのアップグレードを注意するエプソンからのお知らせ
「次回、6月15日にWindows Updateの定期配信が予定されていますので、早急に対応をおこなうことをお勧めします。」
正直でよいと思います。

0

ウィンドウズアップデート

勝手にwin10にアップデートされたため、ノートPCの画面が映らなくなって困った。さいわい、RGBは使えたので外付けディスプレイを使って、win7に戻せた。

しかし、MSの今回の強引なやり方はひどい。訴訟など起こされていないんだろうか。
起こされていないとすれば、これくらいのことは世間は認めているということか。

win7はまだしばらくサポートされるわけで、よほど魅力がなければ10にアップデートする必要はない。
…と、xpのときも同じようなことを言っていたような...
0

雑草

今年は暖かいからだろう、庭の雑草の伸びが早い。連休早々、草刈りが必要だ。
八ヶ岳はかなり雪が減ったようだが、甲斐駒や北アルプスはまだ結構白い。
0